狭山市 不動産|所沢市 不動産|新築一戸建て 土地 仲介手数料無料

埼玉県狭山市柏原3161-60 狭山ニュータウン76-13

狭山市 不動産|所沢市 不動産|新築一戸建て 土地 仲介手数料無料

マイホーム資金計画の妥当性

公開日:

カテゴリー: 知って得する不動産のあれこれ


マイホーム資金計画につて

資金計画が出来上がったら、インターネットで手軽に物件探しをしましょう。相場を知り、エリアに精通した不動産業者を知ることもできます。

業者は複数に当たり、物件もいくつか見に行って比較してみます。また、建物は後々変更できても立地はそうはいかないので、立地にこだわりを持って選ぶとよいでしょう。

いよいよ物件が決定したら、業者に申し込み、契約まで時間をおいて検討することが大切です。

自分が住むに当たり、譲れないものが反映されているかチェックし出来るだけ理想に近いマイホームを実現させましょう。

 

資金を用意する際は、借入金額の上限を知るよりも自分の返済可能金額を把握する方が重要となります。

安心できる金融機関の上限金額だからと安易な計画を立てたのでは、近い将来、ローン返済が大きな負担となってのしかかってくるものなのです。

恐らく一生に一度の買い物となるであろうマイホームは、あれもこれもと理想を追求してしまうものですが、実際には妥協も必要となります。

もしも理想に近い物件を先に見つけた場合、無理な住宅ローンに後々苦しめられる可能性が高いので、最初に理想を描いて物件情報を調べるよりも、まずはきちんとした資金計画を立てた方がうまくいくものです。

最初に自分の収入に見合ったローンを考え、それに沿った物件を探していきましょう。

住宅を購入する時にかかる費用

マイホームを購入するとなると、見えない部分にも実に多くの費用がかかってきます。

土地や住宅の所有権を保存するための登録免許税や不動産取得税、不動産会社を通して購入した場合にかかる仲介(媒介)手数料、不動産売買契約書や不動産交換契約書といった書類にかかる印紙税などがこれに当たります。

同時に、マイホームを購入した場合には住宅ローン減税制度もしっかり活用しましょう。

この制度は、所沢市などでは独自に住民税の住宅ローン控除を実施しているので適用されるかチェックしてみるのが良いです。一般的に適用される住宅ローン減税制度に加えて控除を受けられれば、今後長い間ローンを抱えることになる家計は大助かりです。

所沢市で住民税の住宅ローン控除が適用されるのは、市内でマイホームを建てた方の中でもいくつかの条件があります。

入居時期が平成21年以降の方で、所得税から既に住宅ローンを控除されているか、控除しきれていない場合に適用されます。

また、控除額は、控除しきれていない金額と所得税課税金額の5%を比較して、いずれかの低い金額となります。また、控除は、自身で確定申告をしなければならない場合もあるので確認した方が良いでしょう。

【ホームページ】 https://www.heartful-home.co.jp
【新着物件一覧】 https://www.heartful-home.co.jp/baibai/r/newk.html
【値下げ物件一覧】https://www.heartful-home.co.jp/baibai/r/pay-changek.html
【お勧め物件一覧】https://www.heartful-home.co.jp/baibai/r/tokusen89.html
【ブログ】    https://www.heartful-home.co.jp/blog